女の人

最新美容施術が受けられる美容外科|妥協は御法度

美白と美肌効果もあり

女性

最新の治療法あり

シミにはいくつか種類があります。もし、シミが薄い褐色で左右の頬骨に沿って広がっていたら、肝斑かもしれません。30歳から40歳代くらいに発症しやすいシミです。原因は女性ホルモンの乱れですが、ストレスや紫外線で悪化するようです。シミが肝斑だった場合の治療法としては、従来ではトラネキサム酸やビタミンCの内服が効果的だったのですが、最近では他の有効な治療法が出てきたようです。それが、肝斑の最新治療法レーザートーニングという治療法です。今までは、肝斑にレーザーは厳禁でしたが、肝斑に効果的な治療法として注目されています。また、肝斑は強い刺激によって悪化しやすいので、レーザートーニングによって低パワーのレーザーを照射して肝斑のメラニンを取り除くようです。名古屋には、このレーザートーニングを導入した人気の美容外科があります。実績の多い美容外科がおすすめですが、名古屋のどこの病院に行けば良いのか迷った時には、ネットの肝斑おすすめ美容外科ランキングなどを参考にしてみると良さそうです。

ダウンタイムもなし

従来のシミの治療でレーザーを受けた方が、かさぶたになった皮膚にストレスを感じることはよくあることのようです。特に、仕事で人と接することの多い方では、施術に踏み切れない理由となっているかもしれません。ただレーザートーニングの特徴として、かさぶたが出来る心配もなく、ダウンタウンがありませんのでストレスを感じる必要はなさそうです。また、レーザートーニングを受けるメリットは他にもあります。名古屋の美容外科でレーザートーニングの施術を受けた方の多くが、施術後に美白と美肌効果を感じているようです。くすみや毛穴にも効果があるので、肌のキメも整います。ただ、知っておくと良さそうですが、レーザートーニングは一回の施術では終わりません。個人差はありますが、ほとんどは5回から10回の施術で少しずつ肝斑を薄くしていく治療となります。肝斑を諦めていた方は、美肌を取り戻せるかもしれません。名古屋にある、肝斑でおすすめ病院ランキングを参考に自分にあう病院を見つけてみて下さい。